【ゼウスWi-Fi vs めっちゃWi-Fi】どちらが高速なのかを徹底検証

テレワーク需要の拡大で回線速度に遅延が生じているモバイルルーター界隈。めっちゃWi-FiはどんなときもWi-Fiと同じ端末「U2S」を使っています。めっちゃWi-Fiでは回線速度の低下が多数のユーザーから申告があり、公式ホームページでも正式にアナウンスが入りました。

めっちゃWi-Fiでは新規申し込みユーザーに対しても1ヶ月程度発送に時間がかかっているようですね。

たしかに「回線速度が低下している状態でユーザーを増やす」わけにはいきませんので、対応に慎重になっているのかもしれません。また、めっちゃWi-Fiと同じルーター(U2S)を使っているどんなときもWi-Fiでは「新規受付を停止」しているようです。

さらに、ゼウスWi-Fiでは、サービス開始から行っていた「ドバドバキャンペーン」を終了しました。

契約期間中に申し込んだユーザーは「6ヶ月間2980円」で使用できて、7ヶ月目以降は「3280円」というキャンペーンだったので、他回線のユーザーが一気に乗り換えた可能性も考えられます。

めっちゃWi-Fiや、どんなときもWi-Fiは「月額3480円」です。もしゼウスWi-Fiに回線速度の低下がなければ、価格が安くなるうえに、安定した回線が使えるのでそれに越したことはありません。ゼウスWi-Fiは間も無く手元に届きますので到着次第でスピード検証させていいただきます。

知人曰く、現時点ではめっちゃWi-FiよりもゼウスWi-Fiの方が回線速度は安定していて、早いとのこと。実際は回線に接続する場所の混み具合にもよるかもしれないので鵜呑みにはできませんが、ゼウスWi-Fiは端末がU2Sではないので、ありえるのかもしれません。

ちなみに以下がゼウスWi-Fiで提供されている「H01」という機種です。

H01には液晶が付いているのでU2Sよりも使いやすそうです。U2Sの方が少しだけ端末が薄いようですが、U2Sはストラップの部分に出っ張りがあるので「H01」の方がシンプルです。フジWi-Fiの伝説の端末「304ZT」を丸く薄型にしたようなデザイン。ゼウスWi-Fiの端末「H01」はUSB-Cな点も嬉しいですね。

自宅に固定回線をひくより手軽に使えるのが「モバイルWi-Fi」なので需要が急増していますね。