THE WiFi(めっちゃWiFiも同じ)を解約した後の端末返却はレターパックライトが最適

めっちゃWi-FiやTHE Wi-FiやギガWi-Fiなど多くのWi-Fiサービスで使用されている端末「U2S」。基本的にレンタル品なので解約時は端末一式を返却する必要があります。本日は解約後の返却についてカンタンに解説させていただきます。返却時に道具が不足していると損害金を請求される可能性があります。

THE WiFi(めっちゃWiFiも同じ)を解約した後の端末返却はレターパックライトが最適

端末(U2S)の説明書は開封時に読んだまま無くしてしまう可能性が高いので使用時はできるだけ注意しておかなければなりません。ちなみに「めっちゃWi-Fi」や「THE Wi-Fi」では返却物に不足があった場合は損害金(税込13200円)が発生するとの記載がありました。大切に保管しておきましょう。

めっちゃWi-Fiの解約時に必要な内容は以下4つです。

・端末本体
・USBケーブル
・説明書
・化粧箱

契約時に届いた一式では「ストラップ」も付いていましたが、返却内容には含まれていなかったのでストラップは紛失しても大丈夫(?)なのかもしれません。化粧箱の上に置いている白い帯などもできれば借りたままの状態で残しておく方が安全です。全部まとめて忘れないところに置いておくのが吉。

サービスによっては厳密に管理されていそうなので「端末本体(グレー)、USB充電ケーブル、ストラップ、説明書、化粧箱(白帯も含む)」のフルセットとして覚えておくと間違いありません。

返却はレターパックライトでもOK?

大体のWi-Fiサービスでは「返却時の送料」は契約者が負担しなければなりません。ただ嬉しいことにU2Sであれば本体が入っている化粧箱の外観が3cmに満たないのでレターパックライト(370円)が使えます。

参考までにU2Sの化粧箱をノギスで測ってみると約2.7cmくらいでした。念のため薄手の紙で包んでからレターパックライトへ入れても3cmをギリギリ超えない大きさに仕上がりました。もし化粧箱を太めのプチプチで巻いたりするとレターパックの入れた後の外観が3cmを超える可能性もありそうです。

ちょっとわかりづらいですがレターパックに入れたあとのサイズを横から測ってみました。ピンクの枠線ラインが3cmです。上線からは若干はみ出していますが下に余裕があるので問題ないでしょう。

ネット上には3cmを少し超えても配送してくれる、とか、少しでも超えたら自宅に戻ってくるなど色々な情報があるので心配であれば3cmを超えてもOKの「レターパックプラス(520円)」がおすすめです。

まとめ

本日はU2Sの解約時に必要なセット(端末一式)について解説いたしました。Wi-Fiサービスでは「それがだいじWi-Fi」のように『2年以上契約すると端末の返却が不要』になるサービスもあります。大体のサービスは端末返却が必要なので端末以外の一式(化粧箱等)は綺麗な状態で保管しておきましょう。

賢い“無制限Wi-Fi”の選び方

無制限Wi-Fiは種類が多すぎて具体的な情報が不明なサービスが多いです。そのためスムーズに契約を進めたくても情報がまとまっていないため想像以上に時間がかかります。本サイトでは数々の検証を行なっていますので契約前の参考としてご覧くださいませ。
おすすめの無制限Wi-Fi
(特徴と違いを知る)