三井住友カードで溜まったポイントをAmazonポイントに変換してお得に使う

モバイルWi-Fiを契約するときは大半のサービスでクレジットカードが必要です。サービスによっては口座振替も用意されていますが、クレジットカード決済のみというサービスも多くなっています。僕もこれまでにさまざまなクレジットカードを使ってきましたが最近は三井住友カードを使うことが多いです。

三井住友カードで溜まったポイントをAmazonポイントに変換してお得に使う

僕が個人的に「三井住友カード」を気に入っている理由は以下です。

1. クレジットカードのデザインがかっこいい(ブランド力)
2. 溜まったポイントを色々なサービスのポイントに変換できる(お得感)
3. 年会費を割引や条件で無料にもできる(嬉しい選択肢)

せっかくなのでカンタンに解説させていただきます。

1. クレジットカードのデザインがかっこいい

まず第一に三井住友カードは「ブランド力」が違います。車業界にベンツがあって、時計業界にロレックスがあるようにどんな業界にも「○○といえば○○」というイメージがあります。個人的にはクレジットカードは「三井住友カード」だと思っています。人によっては「トップはアメックスでしょ!」などと考えられる人もいるはずですが、年配の方はアメックスを知らない人も多いです。

実はアメックスを発行しようと考えた時期もありましたが、色々な面でのコスパを意識してしまう性格なのでどうしても三井住友カードに軍配が上がりました。三井住友カードはデザインもクールです。

三井住友カードは「日本初のVISAカード」でもあるのでインパクトがありますよね。最近クレジットカードのデザインも一新されたのでさらにシンプルなデザインでかっこよく仕上がりました。

2. 買い物で溜まったポイントを色々なサービスに変換できる

少し話がそれますが僕は「楽天カード」も持っています。楽天カードの特徴は買った額の一定はポイントになるので「楽天市場」でそのままポイントで買い物ができるという連携サービスがあります。

実は三井住友カードではポイントをさまざまなサービスに変換できます。あまり知られていませんが「楽天ポイント」にも変換できますし、「Amazonポイント」にも変換は可能です。

変換するサービスによってはポイント還元率は多少違うのですが「楽天ポイント」や「Amazon」は嬉しいことに「1P=1P」で変換できます。なかには「1P=0.8P」になるサービスもあります。Tポイントやヨドバシゴールドポイントも「1P=1P」で変換できるので損失がありません。

いつも気がつけば「5000円分以上のポイント」が溜まっていたりするので、僕はAmazonのポイントに変換することが多いです。500ポイント単位で変換できるので以下の場合は5500円分になります。

ポイントの変換手続きはすべてオンライン上で完結するので楽々です。上記の「交換する」から手続きは行えます。ポイントの変換が完了するとメールが届くのでAmazon上でギフト券を適用すればOK。

Amazonギフト券はギフト券番号をアカウントに適用しておけば自動で調整してくれます。

僕はAmazonプライムにも入っているので楽天よりもAmazonを頻繁に使います。そのため三井住友カードのポイント変換はほぼAmazonギフト券にしています。1P=1Pで変換できるので満足です。

3. 年会費を割引や条件で無料にもできる

三井住友カードは基本的に「年会費」が必要です。しかし、年会費を無料にする方法があります。それは「マイ・ペイすリボ」に登録する方法です。カンタンに言うとこの「マイ・ペイすリボ」に登録すると、店頭で一括支払いしたものもすべてが「裏側ではリボ扱い」になるという仕組みです。

ただ、勘の良い人であれば「リボになると手数料が乗ってしまうのでは?」と考えますよね。

この点は「マイ・ペイすリボ」で『毎月引き落とされる額を設定できる』ので、1ヶ月に購入したすべての合計額が以上に設定しておけば実質はリボの手数料はかからないため回避することができます。

ちなみに僕は毎月のクレジットカードは7万円程度しか使わないので、「マイ・ペイすリボ」に登録して月に引き落とされる額を15万程に設定して確実にすべてが落ちるように設定しています。

三井住友の一般クレジットカードなら「マイ・ペイすリボ」に登録するだけで『年会費は無料』になるので上手に活用してください。さらに「ゴールド/プライムゴールド/ヤングゴールド/エグゼクティブ」の方でも「マイ・ペイすリボ」に登録すれば『年会費が半額』になるのでおすすめの使い方です。
※参照:https://www.smbc-card.com/mem/hitotoki/learn/annual_fee.jsp

もし急な出費で支払い額が「マイ・ペイすリボ」の引き落とし額を超えそうな月は、すぐに支払い額を引き上げることも可能なので、その点だけ注意しておけば問題ありません。

まとめ

モバイルWi-Fiの支払いはクレジットカードを指定しているサービスが多いです。理由は「クレジットカード=信用」でもあるからです。クレジットカードの発行には一定の審査が入ります。そのためクレジットカードを持っていることはイコールで社会的な信頼を持っているという考え方につながるからです。

あなたがもし今後フリーランスになるなど将来的な展望もあるのであればサラリーマンのうちにクレジットカードを作っておくのがおすすめです。企業に属していないフリーランスはどうしても社会的な価値が下がってしまいますのでサラリーマンという信頼があるうちに作っておくと良いです。

仮に「収入が低い」と思っていてもゴールドカードを発行できることがあります。クレジットカードの発行審査では『所属会社』を見ていることも多いでぜひこの機会に申込んでみてくださいね。

▼三井住友クレジットカードの発行はこちら
https://www.smbc-card.com/camp/track/065_1/index.jsp

賢い“無制限Wi-Fi”の選び方

無制限Wi-Fiは種類が多すぎて具体的な情報が不明なサービスが多いです。そのためスムーズに契約を進めたくても情報がまとまっていないため想像以上に時間がかかります。本サイトでは数々の検証を行なっていますので契約前の参考としてご覧くださいませ。
おすすめの無制限Wi-Fi
(特徴と違いを知る)