MNOとMVNOの違い

最近よく聞く「MVNO(仮想移動体通信事業者)」という言葉。類義キーワードで「MNO」という言葉もあります。今回はMVNOとMNOの違いについて解説させていただきます。

MNOとMVNOの違い

MVNOについて理解するには「MNO」を知るのが近道です。MNOはキャリア(docomo/au/ソフトバンク)を指します。カンタンに言えば「自社で電話回線網を所有している事業者」です。

  • MNO=自社で回線を持っている事業者(docomo/au/ソフトバンク)
  • MVNO=MNOから回線を借りて格安SIMサービスを提供する事業者

今後は「楽天モバイル」もMNOとして参入するので、そのうち3キャリアが「4キャリア」になります。上記の通りMVNOはMNOから電話回線を借りて「格安SIMをサービス提供する事業者」ですね。

    ワイモバイルとUQモバイルはMVNO?MNO?どっち?

    有名ですが、ワイモバイルは運営元が「ソフトバンク」です。UQモバイルは「au」。

    つまり、自社で回線を持っているMNOの会社が提供する格安SIMサービス(MVNO)とも言えます。少し説明がややこしくなってきましたね。自社所有している回線なので、回線を貸すわけではありません。

    そのため正式には「ワイモバイルとUQモバイル」はMNOとなります。ただ、位置付けとしてはMVNO。ワイモバイルの企業情報をクリックするとソフトバンクが開くように運営元はソフトバンクです。そしてUQモバイルの運営元はau(正式にはauもUQモバイルもKDDI)となります。

    ワイモバイルとUQモバイルはサブブランドと呼ばれる

    世界初MVNO(ビーモバイル)をはじめにさまざまなMVNO業者が格安SIMサービスを提供しています。

    先述した通り「ワイモバイル」の運営元はソフトバンク、「UQモバイル」の運営元はKDDIなので大元をたどれば「MNO」です。なので正式な位置付けとしてはMVNOでありながらも、大元をたどればMNOということで「サブブランド」という名称で呼ばれています。主回線を持っているからです。

    現時点では「ドコモ」だけはサブブランド展開をしていません。

    格安SIMサービス(MVNO)はなぜ安いのか?

    MVNOはシンプルに言えば「回線」の卸と販売です。MNOから回線を買って再販するのがMVNOなので価格はサービス提供者が自由に決められるため低価格を実現できます。

    一般的な価格としては「MNO > サブブランド > MVNO」の順に安くなるので、MVNOとしての役目はサブブランドよりも安く回線を提供することになります。

    また、格安SIMサービスは色々な業者がいるので、価格を売りにしているサービスや、サポートを売りにしているサービス、同時購入できるスマホ本体の豊富さが強みのサービスなど多岐に渡ります。

    まとめ

    本日はMNOとMVNOの違いについて詳しく解説いたしました。

    MNOはキャリア(docomo/au/ソフトバンク)。そしてMVNOが「MNO」から回線を仕入れて販売する事業者です。念のため再度説明文を以下に引用しておきます。

    • MNO=自社で回線を持っている事業者(docomo/au/ソフトバンク)
    • MVNO=MNOから回線を借りて格安SIMサービスを提供する事業者

    今は楽天モバイルもキャリアに含まれますが、まだ楽天のエリアは狭いです。対象エリア外ではau回線に接続されるので、自社回線は所有しつつのau回線を併用となります。

    今後はエリア拡大(基地局増加)を展開していくようですが、ひと昔前のソフトバンクのように気がつけば全国区になっていると良いですね。楽天モバイルの動向も楽しみです。

    賢い“無制限Wi-Fi”の選び方

    無制限Wi-Fiは種類が多すぎて具体的な情報が不明なサービスが多いです。そのためスムーズに契約を進めたくても情報がまとまっていないため想像以上に時間がかかります。本サイトでは数々の検証を行なっていますので契約前の参考としてご覧くださいませ。
    おすすめの無制限Wi-Fi
    (特徴と違いを知る)