【2020年版】ドコモとauとソフトバンクはどれがいい?料金帯でブランドを徹底比較

ドコモとauとソフトバンクのインターネット回線についてカンタンに比較してみました。

【2020年版】ドコモとauとソフトバンクはどれがいい?料金帯でブランドを徹底比較

結論から言うと「あなた自身がよく使う場所で電波が安定するかどうか?」で選ぶのが良いです。ドコモとauとソフトバンクはそれほど電波の強さに差はありませんが、場所によってはソフトバンクが強いなど最寄りのアンテナ(各社の電波基地局)との距離によって通信安定性は大きく変わります。

山間部では未だに「ドコモが強い」と言われています。とはいえ、旅行など山へ行かない人にとっては山間部でいくら電波が強くてもあまり意味がありませんよね。重要なのはあなたがよく使う場所。

今回、電話回線をワイモバイルから日本通信SIMへ乗り換えるときに「ドコモとauとソフトバンク」の料金についてあらためて目を通しました。驚いたのが電話料金の高さが「ソフトバンク > au > ドコモ」になっていたところです。昔はドコモが一番高かったはずですが、見事に逆転していました。

なぜドコモが一番安くなったのか?

まず大前提として比較したプランはスマホを維持するための「基本的なプラン(データ通信量が2〜3GB)+通話かけ放題」というのが基準になっています。日本通信SIMでは合理的かけほプランを推していて、公式サイトでも以下のように実際に同等の料金内容を比較した目安表がありました。

※参照:https://www.nihontsushin.com/

上記の通り3キャリアの安い順番では「ドコモ < au < ソフトバンク」となっています。ドコモがもっとも低価格になっていますが、昔と比べると逆転していますね。考えられる理由は何でしょうか?

auとソフトバンクはサブブランドを展開

電話回線は大きく「キャリアとサブブランドとMVNO」の3つに別れています。キャリアが「ドコモとauとソフトバンク」。そしてサブブランドは「auが運営するUQモバイル」とソフトバンクが運営する「ワイモバイル」の2つです。さらにMVNOはキャリアから回線を仕入れた企業が運営しています。

上記の通り電話回線は3種類。3大キャリアがもっとも価格も高く、その次に安いのがサブブランド、そして一番低価格サービスを提供しているのがMVNOとなっています。

auとソフトバンクは「サブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)」を展開しているためメイン回線側の料金を引き上げることが可能です。これらは単純に「マーケティング戦略の1つ」です。

メインの価値を高めるために力を入れるサブという存在

わかりやすい例で言うとロレックス。ロレックスはチュードルという「セカンドブランド」を展開しています。チュードルにはロレックスのパーツを採用して少し値段を下げて提供しています。

このセカンドブランドという考え方が、電話回線で言う「サブブランド」と同じ仕組みです。カンタンに言えばメインの価格を引き上げたとしても、サブの価格は安くできるのでバランスを取れるわけです。

ドコモもauもソフトバンクも電話回線で言うと『日本トップの3大ブランド」なので、最上級のサービスを気持ちよく利用してもらうためにサブブランドという展開を準備しています。言い方を変えればサブは引き立て役のような役目を果たします。自社サービスの「メインとサブ」をうまく使って、お互いの魅力を最大限引き出しあうのが目的です。戦略としてはとても秀逸で賢いやり方ですね。

ドコモにはサブブランドは存在しないのか?

残念ながら現時点ではドコモにサブブランドはありません。もしかしたら現在水面下で進められている可能性もありますが、現時点では日本のサブブランドは「UQモバイルとワイモバイル」のみ。

サブブランドを持たないドコモが、サブブランドを持つauやソフトバンクと戦うのは少し不利です。しかし現時点ではauとソフトバンクはサブブランドとメインブランドの二本仕立てで挑んでくるので真っ向勝負をするとどうしてもドコモは価格をauやソフトバンクよりも下げざるを得ません。

そもそもサブブランド(セカンドブランド)という存在は、メインを際立たせるために作ります。ただ、サブブランドを持てば良いという単純な話でもなく、綿密な戦略が必要です。ドコモほどの大企業であれば1度や2度は「サブブランドを展開する話」も出てきているでしょう。

電波の強さのブランド力ではソフトバンクが1番?

プラチナバンドを展開しはじめてから数年で一気にソフトバンクの電波が強くなりました。とはいえ地域や測定場所によっても差があるので「ドコモやau以上かどうか?」と言われると比較は難しいです。

実際にドコモよりもソフトバンクの方が電波が良い場所もあるのは事実です。しかし、逆にドコモの電波が強い場所もたくさんある(auが強い場所もある)のでキャリアの電波の強さに優劣はつけがたいです。

一時期ソフトバンクがCMで熱心に「プラチナバンド、プラチナバンド!」とアピールしていたようにつながりやすいイメージを持っているのも上手な見せ方の1つと言えます。

電波のつながりやすさをカンタンに調べてみた

ドコモ・au・ソフトバンクのどこを使ってもかならず一定数は「自宅で圏外」になる人がいます。結局、電話回線は「基地局からの距離がすべて」なので運悪く圏外に入る人も一定数いるからです。ちなみにグーグルで「自宅 圏外」とキーワード検索をかけると候補に以下の組み合わせが表示されました。

キャリアのなかで入っているのは「au」です。上記のサジェスト(候補)キーワードは実際に調べている人が多いものを順番に出すので「自宅 圏外 au」と調べる人が多いということでもあります。

検索後の画面に表示される「関連キーワード」には『圏外という単語』は入っていませんでしたが、docomoやソフトバンクの名称も入っていたので、やはりどのサービスを使っても一定数は電波の悪さを感じている層が潜在的に存在することが理解できますね。

検索段階で表示されたのは「auのみ」なので、auユーザーが「自宅で圏外になる人が多い可能性」はあります。ただ、契約者が多いサービスはその分、検索する人の数(ニーズ)が相対的に増える傾向もあるので、全体的な契約数にも目を向けるとより具体的で正しい判断材料が出てくるかなと思います。

まとめ

今回の記事ではドコモとauとソフトバンクの各社料金帯でブランドを比較しました。

先述の通り「サブブランド」を展開しているサービスはメイン回線の料金が高くなっている印象を受けました。3社すべてにサブブランドがあれば真っ向勝負ができましたが条件が少し違いすぎます。

僕は旅行で山間部を移動する機会も多いのですが、これまで「ワイモバイル(ソフトバンク)」を使っているときは峠道や田舎では4G接続が3Gへ切り替わるという現象を何度か見ました。日本通信SIM(ドコモ回線)に切り替えてからはまだ試せていないので十分に検証ができたら共有させていただきます。

賢い“無制限Wi-Fi”の選び方

無制限Wi-Fiは種類が多すぎて具体的な情報が不明なサービスが多いです。そのためスムーズに契約を進めたくても情報がまとまっていないため想像以上に時間がかかります。本サイトでは数々の検証を行なっていますので契約前の参考としてご覧くださいませ。
おすすめの無制限Wi-Fi
(特徴と違いを知る)