Youtubeで流れてくる広告をユーザー設定と紐付けない方法とは

ごく稀にGoogleの広告設定がオンになっていることを知らずにYoutubeのコメント欄で「XXXの広告が出てきて笑ったw」といった書き込みをされる方がいますがそれターゲティングされていますよ。

Youtubeで流れてくる広告をユーザー設定と紐付けない方法とは

広告の紐付け設定は「Google広告設定」で管理されています。

同じGoogleアカウントでログインしている場合はターゲティングされている

もはや超有名な話ですが、知らない方がたまにいるので念のため仕組みを書いておきます。通常は「Google広告設定」はオンになっています。オンになっているとあなた自身が検索エンジンで調べたキーワードや過去に再生した動画、スキップせずに長く見た広告などに基づいて最適な広告(興味を持つであろう広告)が流れる仕組みになっています。ありがたいようで迷惑な話ですよね。

つまり、そんな裏側の仕組みを知らず「あの動画見てたらXXXの広告流れてたよね! 」とかポロっと言ってしまうと普段調べているキーワードが間接的にバレるようなものです。内容によっては恥ずかしい。

広告のカスタマイズをオフにすると関連性がなくなります。もし上記の設定にすると(基本的に)男女の判断もつかない状態になるのでさまざまな広告が流れてくるようになります。まぁどのみち流れてくる広告の話は「相手側がこの仕組みを知っているかどうか」も関係あるので話さない方が吉ですね。

ログインしていなかったらターゲティングされていないのか?

もし広告のカスタマイズがオフでYoutubeをログインせず閲覧していたとします。

そうなると「広告のターゲティングがなくなるのか?」と言われれば少し疑問が残ります。たとえGoogleアカウントでログインしていなかったとしても「検索したキーワードや過去に閲覧した動画」の履歴は匿名データとしては残っています。特定しない「非ログインユーザー」として一定ルールに基づいて広告を微調整してクリックの精度を高めることもできると考えておく方が安全です。

そもそも“広告の目的”は「閲覧者にクリックをしてもらうこと」です。クリック数が増えれば『広告出稿者から広告予算が消費される』ので検索エンジンとしては利益が加算される仕組みとなります。

そのため非ログインで、広告のカスタマイズがオフだったとしても、ある一定ルールに基づいてターゲティングが動いている可能性が高いです。たとえば男性なら「化粧品や美容」に関するキーワードを調べる割合は女性と比べると圧倒的に少なくなりますよね。つまり過去に行なった検索キーワードや動画閲覧履歴を見れば「閲覧者が男性か女性かの判断」は容易に行えます。

ログインしていて広告のカスタマイズがオンになっていると相当高い精度で広告が表示されますが、ログインをせず広告カスタマイズもオフだとしても技術的には精度を高められます。ログイン状態や裏側の設定だけでは考えずに『広告ビジネスの本当の目的から逆算』するとわかりやすいかもしれません。

賢い“無制限Wi-Fi”の選び方

無制限Wi-Fiは種類が多すぎて具体的な情報が不明なサービスが多いです。そのためスムーズに契約を進めたくても情報がまとまっていないため想像以上に時間がかかります。本サイトでは数々の検証を行なっていますので契約前の参考としてご覧くださいませ。
おすすめの無制限Wi-Fi
(特徴と違いを知る)