Wi-Fiが繋がらない時に試したい解決方法5つ

Wi-Fiがあれば「出先がオフィス」になります。こんな小さな端末(100g程の軽量さ)をカバンに忍ばせておくだけで「快適なインターネット通信が手に入る」と考えたらなかなかの便利グッズですよね。

持っているだけで「移動型オフィスを実現」するんだからおそるべし端末です。通信容量に余裕があったら知人や友達にも接続してあげるともはや「歩くWi-Fiスポット」にもなれる奇跡的な優秀サービス。

しかしWi-Fiも完璧な機械ではありません。もしあなたがいる近くの場所に「同じ電波規格の通信端末」があったら機能が干渉バッティングすることもありますし、通信が途切れてしまうことだってあり得ます。

そんな時は「Wi-Fi端末に怒りをぶつけず」以下の解決方法をお試しください。

Wi-Fiが繋がらない時に試したい5つの解決方法

手間がかからない順番に並べているので上から順にお試しくださいませ。

1. Wi-Fiに接続している機器側のWi-Fi機能を一度オフにしてオンにする
2. Wi-Fiルーターのスイッチから再起動して通信をリフレッシュさせる
3. Wi-Fiに接続している機器側の接続端末を再起動して読込みをしなおす
4. 違う端末から同じWi-Fiに接続してインターネット接続できるかを試す
5. 何をしても解決しない場合はサポートセンターに問い合わせてみる

簡単にご説明していきますね。

1. Wi-Fiに接続している機器側のWi-Fi機能を一度オフにしてオンにする

パソコンやスマホ側のWi-Fi接続を一旦切断してみてください。たとえば「iPhoneではWi-Fiマークが青色だとWi-Fiモードが有効」になっています。一度押すとグレーになってWi-Fi接続がオフ状態になります。

一度オフにして接続を切って少し時間をあけてオンにして、インターネットにつながるかを何度もチェックしてみましょう。オンにしてもノータイムでWi-Fiにつながるわけではありません。時間差があります。

端末側のスペックによっても接続までにかかる時間は違うので注意しておきましょう。

2. Wi-Fiルーターのスイッチから再起動して通信をリフレッシュさせる

Wi-Fi本体の電源を再起動してみましょう。スイッチを長押しすると再起動が可能です。

3. Wi-Fiに接続している機器側の接続端末を再起動して読込みをしなおす

パソコンやスマホ側の端末を再起動してみてください。PCやタブレット、スマートフォンはキャッシュやクッキー情報を蓄積するため接続側の端末を起動しなおすことで解決することがあります。

4. 違う端末から同じWi-Fiに接続してインターネット接続できるかを試す

パソコンだけがつながらないのか、スマホでもつながらないのか、どういった環境でインターネットに接続できないのかを明確にしておきましょう。そのためには違う端末から接続するのが早いです。

5. 何をしても解決しない場合はサポートセンターに問い合わせてみる

何を試してもインターネットに繋がらない場合は「Wi-Fi回線元で障害や不具合が発生している可能性」が考えられます。各種サービスが提供しているサポートセンターに問い合わせてみましょう。

ただし、回線元では普段からサポートの電話が多く入っているので、電話がつながりにくかったり数十分は待たされる可能性もあります。混んでいる時間を避けたり、電話をハンズフリーにしながら別の作業に取り組むなど「出来るだけイライラしないよう電話する」のをオススメします。

まとめ

本日はWi-Fiにつながないときの解決策をご説明いたしました。

・接続機器側のWi-Fiモードを一度オフにしてオンに戻す
・Wi-Fi端末側を再起動して通信状況をリフレッシュさせる
・接続機器側の接続端末を再起動して読込みをしなおす
・違う端末から同じWi-Fiに接続して接続できるかを試す
・解決しない場合はサポートセンターに問い合わせてみる

ぜひお試しくださいませ。